秘め事

いろいろな悩みを解決してくれるグッズの紹介や相談、愚痴聞きなどをしてみようかな

エロ小説 ラブグッズ 美肌

妄想小説7

投稿日:

※ 初めての方は、妄想小説妄想小説2妄想小説3妄想小説4妄想小説5妄想小説6を読んでからコチラをお読みください。

 

 

「これから浣腸液がアヤの中に入っていくんだよ」

「えっ! どうしよう」

浣腸の先端で肛門をツンツンすると、キュッと肛門が窄まって見てると面白い。

 

「ふふっ」

「アヤちゃん、イチジク浣腸の先っぽでおしりの穴をツンツンすると、穴がキュッて窄まって、おマンコもキュッと動くんだね~」

マンコがキュッと窄まるたびに、透明な汁が少しずつあふれ出てくる。

 

「あんっ やだっ  じらさないでっ!」

 

「ふふっ そんなに欲しいんだ~ コレが」と言いながら先っぽで肛門をツンツン。

「ああ~~ん」

 

「何が欲しいんだい? 言ってごらん」

 

「・・・・・」

ほらっ

 

「えっ 恥ずかしぃ」

「ちゃんと言わないと、入れてあげないよ」
「コレを無理矢理入れられて、我慢の限界を試してみたいんじゃないのかな?」
「アヤちゃんの イヤらしいおしりの穴も、ヒクヒクちょうだいちょうだいしてるじゃないか」

 

 

「あんっ」

「いれ  てっ」

 

「ん? 何をどこにだ?」

 

 

「イ  イチジク浣腸を。。。   」

 

「ん? イチジク浣腸を?」

 

 

「あんっ 恥ずかしい。」

「イチジク浣腸を ア  アナルに。。。」

 

「イチジク浣腸をアナルに入れてくださいっ」

 

 

「うわ~  アヤちゃん 恥ずかしいね~~ そんな事言っちゃうんだ~」
「浣腸を、おねだりするだなんて!  変態なんだね アヤは」

 

「・・・・」

「えっ ヤダっ  変態だなんて」

「変態アヤは、肛門にイチジク浣腸を入れて欲しいから、おねだりしちゃうんだね」

「・・・・  もうダメ  早く入れてください」

「フフッ しょうがないな~ そんなにおねだりされたら入れてあげるね」
「ほらっ もっと イヤらしいアナルが見えるようにおしりを突き出して、両手て拡げてごらん」

「入れてッ」

「よし、ほらー ブチュチューー」

 

「あんっ  入ってる~」

「ひとつだけでイイ? 変態アヤちゃん」

「いやっ ひとつじゃイヤ  もっとください」

「フフッ 変態だな~ もっと欲しがっちゃうんだ~」
「ホントは、イチジク浣腸じゃなくて、病院で使ってるぶっとい浣腸が良かったんじゃないか?」

 

「う  うん」
「太いので いっぱい入れて欲しいの」

「そっかぁ 変態アヤちゃん  ごめんね  この車にはイチジク浣腸しかないんだ」

 

「でも、 イイです。 イチジク浣腸をもっと入れてください」
「冷たい浣腸液が、入ってくるの~」

「しょうがない娘だねぇ」
「ほらっ 2個目 ブチュチューー」

「ああ~~ 入ってる~~」

「うれしいか? 浣腸入れられて」

 

「・・・・」
「は  はいっ 知らない人に浣腸入れられちゃうだなんて。。。」

「う   うれしいです」

 

「かわいいね~ 変態アヤちゃんは、こんな事をされたかったから、コンビニでエロいレディコミを立ち読みして、俺みたいなやつをいつも誘ってたんじゃないのか?」

「それが、今日願いが叶ってうれしかったんだね」

「う  うん」
「こんなの初めてです」

「もっといただけませんか?  浣腸」

「あっ ごめん もうあと一つしかないや」
「最後の一つ 入れてやろうかね」

 

「うん 入れてください。」 

「ほら ツンツン」
「あ~ 肛門がヒクヒク動いて 欲しがるね~~~ 」
「ブチュチューーー」

「あ~~ 3個目入ってきた~~」

「アヤはいつもお家や勤務先の病院で何個位入れちゃうの?

「えっ?  ん  ん~~ 5個 くらいです」

「もーー 変態だな~ 1個じゃダメなのか~」

「妊婦さんに大量浣腸を入れてるので、自分にもいっぱい入れないとダメかと思って。。。」

 

 

「あっ ちょっとお腹痛い」

「おっ! もよおしてきたのか?」

 

「3個じゃ、足りないだろ」

「丁度病院の近くだから近くの薬局でイチジク浣腸でも買ってくるか~」

「アヤちゃん、ココで待ってる?」

 

「もう お腹痛い! でちゃいそう」

「ん? 普段5個入れてるのに、3個じゃダメでしょ~~」

「ここにいる? 一緒に行く?」

 

「この車の中で、ウンチしたらダメだからな」

「えっ う  うん」

「じゃ 一緒に買いに行こうか?」

「う うん」

「でも 途中で出されてもなんだから、アナルに栓でもしようかね?」

 

「えっ? 栓って?」

「そー言えば、変態アヤちゃんはさっきのコンビニで、イヤらしいレディコミとコーラと魚肉ソーセージなんか買ってたね~」

「あれ、どうするつもりだったのかな?」

 

 

はいっ 今回はココまで~~

 

 

俺も、以前はヘビーユーザーだったココなら、何でもあります。
アダルトグッズと大人のおもちゃ【NLS】
安いし、品ぞろえが豊富でイイよ。

 

クリトリスを、イヤらしく吸引してくれるコレ
気持ちイイらしいよ~

だれか、コレを試して感想を聞かせてくれないかな~?
MARY(メアリー)

 

キレイを磨く女性のためのアダルトグッズ
ピンクアングル

 

ツルツルピチピチボディーになるのは、ココ。



エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキング

   

-エロ小説, ラブグッズ, 美肌

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

妄想小説的な。。。2

俺「ん? あそこ? それじゃわかんないな~」 「ほらっ ちゃんと言ってごらん」 マキ「・・・」 俺「ほらっ マキは恥ずかしいことをして感じちゃう変態女なんだろ。 あそこって 何?」 「マキの恥ずかしい …

いつでも自分の肌を触りたくなっちゃうってさ。

こんばんは せーです。 だいぶ前の話になりますが、クリスマスプレゼントは何がイイか? 家内に聞いたところ化粧品がイイって事で、「どんなの~?」と聞いたら、「オージオの福袋」がイイってさ 家内が選んだの …

妄想小説4

※ 初めての方は、妄想小説、妄想小説2、妄想小説3を読んでからコチラをお読みください。     「まー イイじゃん もう誰も見てないし~」「アヤのして欲しい事してあげるよ」 &nb …

妄想小説的な。。。

こんばんは 前回のドンキでアダルトグッズを買ってた女性を北口の連絡道まで付けて行ったんだけど、誘う勇気が無かったのでそのまま引き返した俺。 もし声をかけてたら、きっとイヤらしいことのお手伝いを出来たは …

妄想小説的な。。。4

前回の続き。     俺「ちゃんと 買ったものが分かるように買い物袋持ってね」 「このままホテルに直行じゃ、マキもあまり人に見られなくてつまらないだろうから、西口公園を廻ってから行 …

2020/04/07

妄想小説8

2020/03/08

妄想小説7

2020/01/12

妄想小説6

2019/12/11

妄想小説5

2019/11/23

妄想小説4