秘め事

いろいろな悩みを解決してくれるグッズの紹介や相談、愚痴聞きなどをしてみようかな

エロ小説 ラブグッズ

妄想小説的な。。。

投稿日:

こんばんは

前回のドンキでアダルトグッズを買ってた女性を北口の連絡道まで付けて行ったんだけど、誘う勇気が無かったのでそのまま引き返した俺。

もし声をかけてたら、きっとイヤらしいことのお手伝いを出来たはず。

ホテル代くらいは出すから、一緒にエッチな事しようよと言ってれば。。。

「うん」と返事をしてくれてたでしょう。

その後。。。

俺「アナルビーズなんか買っちゃって~ アナルに興味あるの?」

女「うん ちょっと」

女は、ローションも買ってたもよう。

俺「おま〇ことアナルは、どっちが好きなの?」

女「多分おま〇こだと思うけど、アナルもやってみたい。。。」

俺「そっかぁ~ でも、アナルでやるならお腹の中をキレイにしないとね」

 「お金あげるから、ドラッグストアでイチジク浣腸とコンドームと魚肉ソーセージ買ってきてよ」

女「えーーーーっ! 恥ずかしいな~」

俺「あれ? さっきドンキでもっと恥ずかしいもの買ってたのに~?」

 「ふふっ 恥ずかしいことすることで感じちゃうんじゃないの?」

女「・・・」 「うん」

俺「そっかぁ 素直でイイね」

 「恥ずかしいことがしたいなら、もっと恥ずかしいことしてみようか?」

女「えっ なんですか?」

俺「ドラッグストアに行く前に、そこの公衆トイレでパンツ脱いでノーパンで戻っておいでよ。」

女「えぇーーーーーっ!」

俺「ん? きらい? こーゆーの」

 「ホントはやってみたいんじゃない?」

女「・・・」 「うん」「やってみる」

しばし待っていると。。。

女「やったよ」

俺「ホントか~? 証拠は?」

女「ほらっ」 ドンキの袋を拡げるとパンツが入ってる。

俺「チョットそこの路地に入って、パンツ見せてもらえるかな?」

女「えぇーーーーーっ!」

 「うん 恥ずかしいけど。。。」

俺 袋からパンツを取り出し~
 「どれどれ~」

 「あら~~ 何ココ。 ニュルニュルが付いちゃってるよ~」

女「えっ 恥ずかしいよ~~」

俺「フフッ 恥ずかしいので感じる 変態女なんだね」

 「名前は?」

女「マキ」

俺「そっかぁ マキは恥ずかしいことをして感じちゃう変態女なんだね」

マキ「・・・」

俺「ほらっ パンツを持って濡れてるところを拡げて 言ってごらん。 マキは恥ずかしいことをして感じちゃう変態女ですって」

マキ「・・・」

俺「ん?」「ほらっ パンツを持って」

マキ「・・・」 「マキは恥ずかしいことをして感じちゃう変態女です」

俺「うわ~~ 恥ずかしいね~~」

 「マキ こうしてるうちにも濡れちゃってるんじゃないの~?」

マキ「・・・」

 「濡れてるかも。。。」

俺「ん? どこが?」

マキ「・・・」

 「恥ずかしいぃ」 「あそこ」

俺「ん? あそこ? それじゃわかんないな~」

 「ほらっ ちゃんと言ってごらん」

マキ「・・・」

すみません、時間が無いので今日はココまで~~。

ピンクブルームG


エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキング


ボディケアランキング

-エロ小説, ラブグッズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

妄想小説的な。。。3

前回の続き。 変態マキは、再びトロッと汁を垂らしながら、ようやく欲しいものをカゴに入れ、レジに向かった。 あのまま立ったら、太ももの内側がホントにニュルニュルに濡れてるのが、みんなにばれちゃうぜ。 マ …

妄想小説的な。。。4

前回の続き。     俺「ちゃんと 買ったものが分かるように買い物袋持ってね」 「このままホテルに直行じゃ、マキもあまり人に見られなくてつまらないだろうから、西口公園を廻ってから行 …

妄想小説的な。。。2

俺「ん? あそこ? それじゃわかんないな~」 「ほらっ ちゃんと言ってごらん」 マキ「・・・」 俺「ほらっ マキは恥ずかしいことをして感じちゃう変態女なんだろ。 あそこって 何?」 「マキの恥ずかしい …

結構変態行為が好きな娘って居るみたいだね

この前、また池袋のドンキに行ったんだけど、ケータイで話しながらアダルトグッズ売り場を物色してる女の子が居たんだよね~ こーゆーのって、ケータイ調教なのかな? もしかして、この娘もノーパンだったりしてね …

彼氏の為? 自分の為?

こんばんは。 今日、池袋のドンキのアダルトグッズ売り場で見てしまいました! ちょっぴり太めの20代後半?位の女性が、電マとピンクローターにアナ〇ビーズを買い物かごに入れてるところを。。。 俺は、棚の陰 …